ダイエットマニア|他人のダイエット方法が見れるブログ

他の人がどうやってダイエットしてるか気になりませんか?あの人スタイル良いけどダイエットしてるのかな?とか。そんな色々な人のダイエット方法と効果をこっそり教えます( *´艸`) 気になりますもんね..?

夕食に玉ねぎ一個食べて1ヶ月に5kgやせた...(◍´ಲ`◍)

f:id:shiro-usagi:20200102185941j:plain

今までに色々なダイエットをしてきたのですが、食べないというのはやっぱりリバウンドをきたしてしまうことがわかりました。そこで、リバウンドをしないためにはどうしたらいいかと真剣に考えて見たのです。そんな時、玉ねぎをたくさん頂いたことがきっかけで玉ねぎを使ってダイエットをすることにしました。そのダイエット方法で、なんと1ヶ月に5kgも痩せることができたのです。その内容について、ご紹介します。

 

ダイエット方法:玉ねぎダイエット
期間:1ヶ月
方法:朝と昼はいつものように食事をする。夕食で玉ねぎを必ず一個食べるようにする。その後は、食べたいものを一つ食べて寝る
結果: -5キロ

 

玉ねぎを炒めるダイエット方法

 玉ねぎを食べるといっても、どんな風にしたらいいのかと悩むことがありました。いつもなら、野菜サラダにすることが多いです。しかし一つをすべてサラダにするのは、流石に飽きてしまうのです。しかもその匂いも気になりますね。玉ねぎというのは、そのまま生で食べることにより口臭が強くなるので、そのことを心配していました。生で食べることにより、より栄養素もしっかりと取れるということなのですが、生で食べることは断念することにしたのです。

 

そこで一つを食べられる方法として、やっぱり一番簡単な炒め物をすることにしました。炒めることにより、その一個の玉ねぎがしんなりするので、食べることができました。しかし味がいつも同じ場合は、飽きてしまうことがあります。味付けを毎回かえることにより、飽きずに食べることができます。

 

痛めた玉ねぎの味つけとしては、塩コショウ、醤油、ポン酢、ケチャップ、焼肉のたれやごま等を入れることにより変化をつけることにしたのです。そして一緒に炒めるものとして、肉もありました。肉の場合は鶏肉を入れることにより、カロリーを抑えることが出来るし、簡単に作ることができました。

 

玉ねぎ100gのカロリーは約37kcalで、糖質は7.2gほどです。例えばかぶ100gのカロリーは約20kcalで、糖質は3.1g、トマト100gは19kcal、糖質は3.7g、大根100gは18kcal、糖質は2.7gです。全野菜の平均カロリーは36kcalで糖質は3.6gなので比較するとカロリーはほぼ標準ですが糖質はやや高めです。きびしい糖質制限をされている方は注意が必要ですが、それ以外の方でしたら代謝アップや脂肪の吸収を防ぐ効能があるのでダイエットに積極的に取り入れていきましょう。

引用:玉ねぎの健康効果が凄い!よく聞く血液がサラサラになる理由含めて徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]

玉ねぎメリットで便秘解消

玉ねぎを食べることにより、まずなんといってもいいのは便秘が解消されることです。便秘だったのですが、それを食べるようにしたところ、だいたい1週間目ぐらいからコンスタントにお通じがあるようになりました。お通じがあると、自然な感じで体重も下がってくるのです。体重を測定すると、一週間目で2kgぐらい痩せることができたのです。その後は、1週間に1kgグラづつ痩せることができました。

玉ねぎ夕食で満足感アップ

その夕食にして最初は、ちょっと物足りないと思うことがありました。ところがだんだんと慣れてくるんですね。その結果、最後の方は玉ねぎだけでも満足できる時もあったほどです。それだけ、しっかり食べているにも関わらず満足できるので、ストレスを溜め込むことが少なかったです。

ダイエットをしているのに体調がいい

ダイエットをしている時は、ちょっと体がだるいなど起きることがありますね。その点、しっかり朝と昼を食べていたので疲れやすいなどということがありませんでした。しかもたまねぎパワーで元気にダイエットを続けることができたと感じます。これだけで痩せると、少しだるさを感じるものですがそんなことがないのはやっぱり玉ねぎのパワーであると感じます。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

自分でもダイエットを成功させることができると、自信を持つことができました。その後は、化粧ノリもいいし痩せて履けるスカートも増えました!

 

その後も、夕食に必ず玉ねぎを食べることにしています。最近では、スープにするなど、少しづつレパートリーも増やすことができています。リバウンドもないし、ずっと続けることができる、簡単名ダイエット方法であると感じています。